マスターズ(陸上)登録のススメ

マスターズ(陸上)参加で己の記録に挑戦しよう!!

近年日本の元気な高齢者がこぞって参加しているマスターズ陸上。
私もまだ30代ですが、2014年からマスターズに登録しまして、
毎年参加しています。
この記事で、マスターズに登録し、己の記録に挑戦する皆さんの一助になれば幸いです。



マスターズとは?

国際陸連憲章第102条で、40才(女子35才)以上の競技者を「マスターズ」と呼んでいます。
日本マスターズ陸上競技連合では30才以上をマスターズ会員とし、
30才未満にも原則、競技会参加への道を開いています。
今では18歳以上ならば、登録すれば、誰でも大会に出場できます。

日本マスターズは昭和55 年4月、和歌山県に誕生し、現在は各都道府県に団体があり、
各団体が主催して地域で競技会が開催されます。
なお、平成28 年度の東京マスターズの会員数は、841名(内、女子104 名)です。

競技は5歳刻みで行われています。
(24 歳以下は一本で)25歳代、30 歳代…と区分され、100歳代以上まであります。
例えば50歳代は、50歳から54歳までとし、その年代の方々で競技を行っています。
54歳の方は、当然50歳の方より記録的に不利になる面が多いですが、
55歳代となる時を期待しつつ挑戦を続けています。
健康維持を何より優先して頑張るのがマスターズの趣旨です。

マスターズ登録のメリット

種目のバラエティが豊富

これだけの競技があります。
男子(22 種目)
60m(60 歳以上)・100m・200m・400m・800m・1500m・3000m(60 歳以上)
5000m(60 歳未満)・80mH(70 歳以上)・100mH(50 歳以上) ・110mH(50 歳未満)・3000m 競歩
走幅跳・走高跳・棒高跳・三段跳・砲丸投・円盤投・やり投・ボール投(ソフトボール 3 号)
年代別 4×100m リレー (60 歳以上 50 歳以上 40 歳以上 35 歳以上)・クラス別 4×100m リレー

女子(21 種目)
60m(50 歳以上)・100m・200m・400m・800m・1500m・3000m(50 歳以上)
5000m(50 歳未満)・80mH(40 歳以上)・100mH(40 歳未満)・3000m 競歩
走幅跳・走高跳・棒高跳・三段跳・砲丸投・円盤投・やり投・ボール投(ソフトボール 3 号)
年代別 4×100m リレー (50 歳以上 40 歳以上 40 歳以上 30 歳以上)・クラス別 4×100m リレー

電子計時でタイムを計れる

一般市民が陸上競技場で、電子計時で記録を計れる大会はなかなかありません。
毎年今の自分の限界に挑戦し、一喜一憂するのも楽しみの一つです。
地方の市民陸上競技大会ですと、手動計時の大会がほとんどです。

5歳刻みで順位が付けられる

90歳の方と25歳の方が一緒の大会に出たら、当然若い方が体力的に有利です。
マスターズのいいところは、5歳刻みで階級が分かれており、階級ごとに順位が付けられることです。
40歳以上の方のボリュームが多いので、20代、30代の方は、
種目によっては、失格にならなければ優勝ということもあります(笑)
東京マスターズでは、直近一年間の大会で自分のランキングが確認できるランキング表もあります。
http://www.tkymasters.com/ranking/rankingindex.htm

大会数が多い

2017年東京マスターズ主管大会
春から秋にかけて毎月1回は何らかの大会があります。
自分の都合に合わせて大会に出られるのも良い点です。

高齢者の活躍を見て元気をもらえる

毎年90歳代で出場されている方は、100mをゴールすると会場から拍手が沸き起こります。
まだまだ私は若い(つもり?)ですが、60代の方にタイムで負けることも多々あります。
金色のスパイクを履いて、100mを12秒台で走ってるとかカッコ良すぎます。
自分もあんなおじいちゃんになりたいなと思います。

 

入会するには?

東京マスターズの場合
入会金1,100円(初回のみ)、会費4,300 円(年毎)です。内、1,500 円は日本マスターズに、
残りの2,800 円が東京マスターズの運営費用となります。
不明点があれば、お住いの各都道府県のマスターズ団体に電話で確認してください。
これでもかってくらい親切丁寧に教えてくれますw

大会に出場するには?

競技大会は国際大会として、世界マスターズ選手権大会、アジアマスターズ大会、
そして各地でロードレースが行われています。
国内では、日本マスターズ選手権大会、日本マスターズ駅伝競走大会等が、
地域的には、ブロック別の選手権大会、都道府県別選手権大会が毎年開催されています。

会員であれば参加費を払えば誰でも参加できます。
申し込み方法は、郵便局備え付けの振込用紙に登録番号や名前参加競技を記載して、
参加費を振り込めばOKです。

入会と同時に大会の参加申し込みも可能ですので、
その場合はその旨をマスターズの団体に事前に連絡してくれれば対応してくれます。

まとめ

私も最初はマスターズと聞いて、年寄りの娯楽だろうと馬鹿にしてました。
本当に申し訳ありません…

私も一度参加して、スタートラインに立った時の緊張感が懐かしく、
今では毎年参加してます。
自然と毎回同じ顔を見かけるようになり、今では会うたびに、
「今日もよろしく!!」
と声を掛け合える仲となりました。

時々、今まで陸上競技やったことないけど、友達と申し込んでみました。
って人もいますが、そういう時も、審判の方が優しくスタートのやり方とか教えてくれます。
本当にアットホームな大会ですので、
学生時代陸上部だった方もそうでない方も、ぜひ一度参加してみてください!!
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です