2017春 Sトレインで行く秩父羊山公園芝桜観光

Sトレインなら都心から乗り換えいらずで秩父観光が可能

2017GWにSトレインで秩父観光に行ってきましたので、その際のおすすめスポットをご紹介します。

Sトレインとは

S-TRAIN(エストレイン)とは、西武鉄道(西武)が主体となり、東京地下鉄(東京メトロ)・東京急行電鉄(東急)・横浜高速鉄道へ乗り入れ運行を行っている座席指定制の着席保証列車である。列車種別名も兼ねている。2017年3月25日から運行を開始した。(Wikipediaより引用)

http://www.s-train.jp/
Sトレインと言うと、特急列車をイメージしますが、普通の通勤電車です。
座席は全席指定です。
シートは、2つ並びで、シートを回転させれば、4人席にもなります。
車両の前後は、3人掛けで、普通の通勤電車と同じシート配列です。
4号車にトイレもありますので、お酒を飲みながらの移動でも安心です。
新宿三丁目から西武秩父の所要時間は、約1時間半です。
全席指定ですので、乗車券と指定席券が必要です。
指定席は、席が空いていれば、ホーム上の券売機で買うことができますが、
行楽シーズンですと、事前購入していないと満席で乗れない可能性もあります。
ちなみに、5/5の指定席券は、ホーム上での販売はありませんでした。事前予約のみで完売。
詳しくはこちらをご覧ください。指定席券の買い方

羊山公園までの道のりはちょっと大変

西武秩父駅に着いてから、芝桜で有名な羊山公園までは、ほとんどの方が徒歩で向かいます。
徒歩で15分ほどですので、そんなに遠くはありません。
ただし、勾配が急な箇所、階段もありますので、歩きやすい靴がおススメです。

芝桜は午前中がおススメ

こちらの画像は、2017/5/5 AM10時の写真です。
車組の方は、既に芝桜の鑑賞を終えて帰る人もチラホラ居ましたが、電車組は午後に向けてピークを迎えるとのことです。(売店のオジちゃん談)
既に10時でこの混雑状況ですので、ゴールデンウィークにお出かけを予定している方は、お気を付けください。
その年によって、生育状況にムラがあるみたいですが、私が見たときはとてもきれいでした。
お天気が良いと、青空と芝桜のコントラストが映えますので、晴天の日に行くことをおすすめします。

芝桜の後をどうするか?

2017年春時点の時刻表で、都心⇔西武秩父をSトレインで往復するには、9:15着の行きと17:05発の帰りに乗る必要があります。
ここで問題となるのが、羊山公園の芝桜を見た後にどう過ごすか?です。
羊山公園の芝桜鑑賞は、所要時間は長くて2時間です。
10時に着いてしまえば、お昼には終わってしまいます。
そこで、今回私が巡った芝桜後の秩父のおすすめスポットをご紹介します。

おすすめスポット1 秩父鉄道のSL

秩父鉄道浦山口駅から見るSL

秩父鉄道浦山口駅から見るSL

秩父鉄道のSLは、「都心から一番近い蒸気機関車」です。
実際に走っているSLを間近で見ると、SLの煙と音、重厚感に圧倒されます。
乗車するには予約が必要ですが、見るのはタダですw
御花畑駅や秩父駅での鑑賞は、人が多くて大変ですが、
写真のように、SLが通過する浦山口駅に先回りして、ホームから撮影すると人もまばらでおススメです。
なおSLの運行は1日1往復ですので、HPで運行状況を確認してみてください。
なお、秩父鉄道はSuica,PASMOが利用できませんので、現金のご用意をお忘れなく!!
秩父鉄道SL時刻表

おすすめスポット2 橋立鍾乳洞

JURIN's GEOの淡雪

JURIN’s GEOの淡雪

秩父鉄道の浦山口駅から徒歩10分ほどの場所にある橋立鍾乳洞。
橋立鍾乳洞 Wikipedia
鍾乳洞に入る前に腹ごしらえをしたのが、
鍾乳洞入口にある土津園(はにつえん)。
土間が広い古民家で雰囲気が良いです。
お蕎麦も歯ごたえがあって、おいしいです。
土津園(はにつえん)
鍾乳洞の所要時間はおよそ10分です。
大きな荷物は、入口に置いておけます。(鍵は掛からないので自己責任です)
逆にリュック等の大きな荷物は邪魔になりますので、置いておくことをおすすめします。
洞窟内は、撮影禁止ですので、その点も注意が必要です。
そして、何より注意が必要なのが、洞窟内が滑りやすいことと、梯子があることです。
ミニスカートですと、パンチラしますので、ご注意ください
鍾乳洞から出た後に、訪れたのが土津園の横にあるカフェJURIN’s GEO
JURIN’s GEO
こちらでは、かき氷とコーヒーが一体となった「淡雪」がおススメ。
まずは、かき氷をメイプルシロップで頂き、食べ終わった後は、アイスコーヒーを器に注いで、コーヒーを楽しむ。
二段階で楽しめます。

おすすめスポット3 秩父神社

秩父神社の水占い

秩父神社の水占い

橋立鍾乳洞の最寄り駅浦山口駅から秩父鉄道に乗り、3駅で秩父駅に到着します。
秩父神社
秩父神社では、「水占い」があります。
神社内の泉におみくじ(200円)を浸すと、文字が浮かび上がってきます。
神社から表参道を経て西武秩父駅までは、徒歩で10分ほどですので、
時間が余ったら、参道で食べ歩きをしながら西武秩父駅まで歩いて帰るのもおすすめです。

おすすめスポット4 西武秩父駅前温泉 祭の湯

2017年4月24日に新たにオープンした祭りの湯
祭りの湯公式サイト
ちなみに、5/5の夕方16時に通りかかったところ、入場まで60分待ちでした。
当然入浴せずに帰りました。
物販エリアは充実してますので、入浴しなくても、お土産はこちらで手に入ります。
渡して喜ばれたお土産は、

  • 秩父おなめ
  • ちちぶ餅
  • 豚肉のみそ漬け

でした。ご参考までにどうぞ。

全行程まとめ

今回の旅の主な行程です。

  1. 西武秩父駅到着 AM9:15
  2. 羊山公園到着 AM9:30
  3. 羊山公園発 AM11:00
  4. 御花畑駅発 PM0:15
  5. 橋立鍾乳洞 土津園着 PM1:00
  6. 橋立鍾乳洞 洞窟内観光終了 PM2:00
  7. 橋立鍾乳洞 カフェJURIN’s GEO発 PM2:40
  8. 秩父神社着 PM3:30
  9. 西武秩父駅着 PM4:20
  10. 西武秩父駅発 PM5:05

GW期間中で、各所で行列も覚悟しましたが、
最も長く並んだ行列は、最後のお土産購入の会計待ちで、約10分です。
GW期間中でも、行列知らずで十分楽しめます。

注目!!
Sトレインで行けば、行きも帰りもラクチン!!
一日でも十分楽しめる秩父旅でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です